気分はもう戦争

言わずとしれた大友克洋の初長編。矢作俊彦の原作による架空の戦争を舞台としたシリアスギャグ。
現在読むとアフガンの状況とダブって、さらにシュール。
双葉社版のカバーイラストは高荷義之によるものだが、角川から新装されたものはタイトル文字だけに変わっている。
現在藤原カムイが引き続き「気分はもう戦争2」を連載中。

価格
800円
発売元
双葉社
年(代)
1982

気分はもう戦争」への6件のフィードバック

  1. 七針ヨウスケ のコメント:

    僕もこの作品大好きです。いまでもたまに読み返したり。はちまきイカス(右翼?>俺)。っていうか昔の大友作品は大好きです、個人的にハイウェイスターとかも好きデス。

  2. ぬほりん のコメント:

    スギウラゴロウって誰だっけ?とか思いつつパラパラとチェック。おおーっ!あのカッチョイイやくざフェダイーン!いいですねー、彼。って「忘れるなよ」と言われてるのに、しっかり忘れてました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です