赤だし

名古屋名物シリーズ。家康生誕の岡崎城より西へ八丁離れた八丁村、ここで仕込まれたのが八丁味噌。米や麦を使わず、蒸した丸大豆を味噌玉にして塩水で仕込み数年掛けて天然熟成させる。
一般的に「赤だし」といわれるのは、だし汁の中で溶かしだして白味噌と合わせたものである。
リンクは八丁味噌の老舗「カクキュー」。

地域
名古屋

赤だし” への4件のフィードバック

  1. のコメント:

    ↑これが3週間前「現在隠れ名古屋人なので……」とか言ってたヒトの発言なんである。ヒトの深層心理をあばく関心空間!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です