Jurgis Kairys

1952年シベリアのKrasnojarsk生まれ、現在はリトアニアのVilnius在住のパイロット。
元はSukhoiのテスト・パイロットで航空技術者だが、アクロバット操縦法を考案した第一人者でもある。82年にアエロバティックス選手権で優勝して以来、世界のトップクラスに位置するパイロット。
祖国リトアニアで1999年に連続10個の橋くぐりをした時に、カメラ搭載撮影のため大変お世話になった。

年(代)
1952~
地域
リトアニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です