ダージリン・ヒマラヤ鉄道

NHKのインド特集ハイビジョン番組で見た高原鉄道。
610mm軌間というトイトレインの軽便鉄道ながら、海抜119mのシリグルから2,044mのダージリンまで登る。
イギリス統治時代の避暑地へ向かう鉄道は、高原の涼しさの中をループやスイッチバックで切り抜けながら、なんと80年以上前に製造された蒸気機関車で登っていく。しかも道路とは並行しながら交差するわ、車で行けば3時間の距離を8時間かかるわ、町中を江ノ電のように自転車より遅く走るわ、でも世界遺産なのである。すっごく乗ってみたい鉄道であります。
リンクはTBSの「世界遺産・撮影レポート」。

地域
India

ダージリン・ヒマラヤ鉄道” への5件のフィードバック

  1. スズキシゲオ のコメント:

    世界遺産で観ました。お店の店先というか商品棚先をすり抜けていくのはなかなかの絵でしたね。で壊れるとおもむろにトンカンして作製するのがまた素敵。

  2. 空腹ライフセーバー のコメント:

    「ラジュー出世する」ってインド映画の冒頭、これに乗って都会に出稼ぎに行くラジューを、沿線の人総出で見送るミュージカルシーンが最高です。

現在コメントは受け付けていません。