Talvin Singh

1970年、ロンドン生まれのインド系2世。
15歳でインドに渡り、ウスタード・ラクスマン・シンに師事してタブラとインド古典音楽を学ぶ。
その後はマッシヴ・アタック、ビョーク、サン・ラなどと共演、マドンナや坂本龍一、ブロンディなどのリミキサーも手がけている。
タブラとバングラとドラムンベースを異種間交配させたタブラトロニクス・サウンドはノリノリである。
写真は2枚目のソロ・アルバム「ha」。

Talvin Singh」への8件のフィードバック

  1. クロイイヌ のコメント:

    ずっとタブラでブレイクビーツやったらハマルだろーなー、自在に叩けたら自分でやるのになーと思ってたら彼が出て来た。ノリノリだよね~

  2. KEN E B のコメント:

    先日、家にインド人がそのタブラを持って現れた。10才の時(現在30半ば)からプレイしているとのことで、本物、だった。やっぱり楽器はナマで聞くに限る。タブラ、習いたいな、なんて思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です