Traktor

農作業にかかせない多機能特殊車両…ではなくて、映像Director。
へんてこな名前だなあと思っていたら、Traktor Filmsという監督集団だった(笑)。
もとはPartizan Filmsというプロダクションで、ヨーロッパを舞台にCMやミュージックPVを制作して話題になっていたが、どんどん有名になり、現在はアメリカのLAを居住地にして活躍している。
左の画像は最近のAdidasのCM。
下記サイトでいろんな作品を見ることができる。

Fifty Percent Grey

フルCGで制作されたショートムービー。
23歳のRuairi Robinsonが3D Studio Maxを使ってほぼひとりで作り上げた作品だが、なんとオスカーにノミネートされちゃっている。
かなりブラックな内容だが、タイトルにあるようにグレイをベースにしたCGIはなかなか見せる。
下記サイトでダウンロードして見ることができる。

原題
Fifty Percent Grey
人名
Ruairi Robinson

Stemi DV4

言わずと知れたレンズ・ブランドCarl Zeissの実体顕微鏡。
高解像度のズームレンズと高輝度のイルミネーターを備えた本格的なモデルだが、デザインもしゃれている。
実体顕微鏡だから、身近なモノの細部をアレコレ覗いてみたくなること必須。
ソニー製のDVカメラやデジカメが装着できるのも魅力的なり。
たまにこういうモノが妙に欲しくなるんだなあ(涎)。

メーカー
Carl Zeiss
価格
¥196,000

Royksopp: Remind Me / PV

ノルウェー・ベルゲンの2人組グループRoyksopp(oの上にウムラウトが付く)のニュー・シングル「Remind Me」のプロモーション・ビデオ。
「ホコリタケ」という奇妙な名前のグループだが、そのなんとも不思議な浮遊感のある音は、北欧の涼しい空気感を感じさせて気持ちいい。
以前の「Poor Leno」などのPVもおもしろかったけど、今回のはすごく手間がかかったグラフィック・アニメーションになっている。
DirectorはH5(Ludovic HouplanとHerve de Crecy)。
ここ(http://www.bbc.co.uk/radio1/urban/…)でPVを見ることができる。

Maharaja

インド・ラジャスタン地方では貴族の総称となっているが、ここではタール砂漠の踊るマハラジャ、こと放浪の民ジプシーの音楽舞踏団マハラジャ・ムサフィールのこと。
娯楽の原点、健全な猥雑さ、崇高なる精神性、超絶技巧、凄まじい曲芸、大道芸的パフォーマンス、などなど、その謳い文句だけでも楽しげである。
26日に赤坂BLITZでマリの歌姫ロキア・トラオレと最強芸能集団競演!うふうふ。

地域
india

エロマンガ島

エロマンガを読むことだけが生活の糧というとてもスケベな南の島。

ではなくて、バヌアツ共和国の南部に位置する実在の島。人口約1,600人。面積は佐渡島に近い888.1平方km。とはいっても空港は2つある。

ではリゾートアイランドかというと、そうでもなく、一番有名な宿泊施設が家庭的なサービスで評判の草葺きの民宿らしい。バヌアツへの直行便もないので、シドニーあたりから2回ほど乗り継いで行くことになる。

何にせよ、この名称により日本では「チンコ川」や「ヤキマンコ」「チンポー湖」「シリフケ」「キンタマーニ」「スケベニンゲン」「レマン湖」「マンコカパック」「ボイン川」などと並んで、知る人ぞ知る地名となっている。

現在では「イロマンゴ島」と呼ぶようにしているらしい。つまんないの。
Wikipediaのイロマンゴ島

地域
Erromango Island, Vanuatu

into vision / art of noise

Art Of Noiseの1999年と2000年に行われたライブ映像をベースにした5.1chのDVD。
1999年に「Seduction of Claude Debussy」を発表して再スタートした後のメンバーによるライブ。Anne Dudley、Trevor Horn、Paul MorleyというオリジナルメンバーにLol Cremeが加わったステージは、今見てもなかなか凄い。映像処理もマターリと凝っていて、昔のPV映像もインサートされたりして結構見せる。
ちょっと強引だがワイドスクリーン仕様だし、音は5.1chサラウンドなので、包まれるようなサウンドは気持ちいい。
USA盤だけどRegionはFreeで、おまけとしてAnne Dudleyのソロピアノ映像が2曲と、インタビュー、リハーサル映像が含まれている。

発売元
UNCUT DVD