マシュー・バーニー:拘束のドローイング展

鬼才マシュー・バーニーの日本初の個展。
2005年7月2日から8月25日まで金沢21世紀美術館で開催される。
1987年から制作されている連作シリーズの最新作「ドローイング・レストレイン9」のプレミアム発表となる展覧会でもある。今回は「捕鯨」と「茶道」という日本文化をテーマに多彩なメディアを使って展開される内容で、「石油精製所」「高温のワセリン」「動物のパレード」「タンカーと捕鯨船」「茶室と茶会」などがキーワードとなり抽象的なおとぎ話を繰り広げる。パートナーのBjorkも音楽を担当、さらに映画出演もしている。
展覧会では連作シリーズの「拘束のドローイング」をすべて展示する予定で、パフォーマンスの再演もあるなど全貌が公開される。

Bjorkも7月には来日してるけど、Live 8には参加してもこっちのイベントに参加する予定はないみたいだ。
http://unit.bjork.com/specials/dr9/

今月号のStudio Voiceが特集を組んでいる。
さらに今月号の美術手帖も大特集!
さらにさらに今月号のSWITCHも大特集!

http://www.drawingrestraint.net/

原題
Matthew Barney: Drawing Restraints
団体名
金沢21世紀美術館
営業時間
2005年7月2日~8月25日

マシュー・バーニー:拘束のドローイング展」への26件のフィードバック

  1. のコメント:

    私は多分、大阪への帰省と絡めて…。ツアー、いろいろ付いて安いなあと思ったら交通はバスですね。みんな元気溢れてるなあ。

  2. ぬほりん のコメント:

    ツアーはかなりキツキツの行程なので、オイラも独自でへらへらと行くつもりなり。どうせなら金沢もぷらぷらしたいし。

  3. ぬほりん のコメント:

    観ました。感動、というよりは何か観る側が拘束されたような、あるいは今回拘束されているものを日本人に問われているような・・・

  4. のコメント:

    えーえーえーえーえーっ! (もひとつ、行っときましょうか?)えーっ!!  一瞬、知人でいらっしゃるのかと思いましたよ。ドギマギ。 私はようやく休日が確定できたので、今頃から旅行計画です~。

  5. ぬほりん のコメント:

    ぐへへへ、単にニアミスしてるだけですけどね(笑)。その後もいろんなところで合計5回くらいニアミスしました。今日は兼六園を散歩してましたよ。

  6. のコメント:

    行ってきました~。この人すっごく変わり者だ、狂ってるよ!(←褒め言葉) 手術室並みの清潔感に異様さ絡まる抜群の素材感覚、驚きました。面白かった~。

  7. キイ のコメント:

    映画『拘束のドローイング』観てきました。かつて体感したことのない衝撃でしたよ。ある意味ホラーでした・・・怖かったよう(涙)

  8. 20watt のコメント:

    渋谷でみてきましたよ。コレ、もう終わりましたけど、最終日は立ち見もでるほど。
    すごくね、後を引く映画でした。こんななんともいえない気分なのは久しぶり。画面をずーっとは見てられませんでした。僕ならここはカットするとか色々考えてしまった。もう少し短くできるんじゃないかなー。すごく、失礼ですけど。

  9. ぬほりん のコメント:

    普通の映画だと思って観ると、ちょっと戸惑うかもしれませんね。疲れている時だと寝ちゃうかもしれませんね。妊婦は産気づいちゃうかもしれませんね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です