World Tales

オーストラリアのSBS(Special Broadcasting Service)放送局がラジオ放送から始めた世界の民話プロジェクト。
ラジオ放送のリスナーが世界中から集めた100の民話から20を選択して、それらを専属のアニメーターが独特の視覚感覚で映像化したもの。
昔話と言われるような民話には、国や民族が違っても何かが共通するような不思議なテーマや内容が含まれていることがあるが、こうやって世界中のものを集めて独自の解釈で表現して見せるというプロジェクトはなかなか興味深い。
サイトでは小さい画面ながらも20種類すべての物語を見ることができる。
日本からは「浦島太郎」が選択されているが、まったく違う解釈のようにも見える(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です