Adicolor – White


Adidasのキャンペーン”Adicolor”のAD第1弾の“White”篇が登場。
Tronic Studioが制作で、なかなかどうしてムフフなデキあがり(笑)。
このAdicolorシリーズはこの後、Neill Blomkamp、Roman Coppola & Andy Bruntel、Psyop、Saiman Chow、Happy and Charlie Whiteの制作で、Green(4月5日)、Pink(4月12日)、Blue(4月19日)、Red(4月26日)、Yellow(5月3日)、Black(5月10日)と続いて公開される。

Throw it in the Tundra


PartizanのOlivier “Twist” Gondryが、またまた手間のかかったCMを作った。
“Throw it in the Tundra”とタイトルされたToyotaのTundra TruckのCMで、いろんな季節の情景で荷物を積むカットが凝った合成編集処理でつながっている。
手間のかかる処理をしたPost ProductionはA52
いやあ、どんな条件でも積んどらあ、てか。(・∀・;)

Angel-A

Luc Bessonが6年ぶりに監督した最新作が公開される。
ぎりぎりまでトップシークレット扱いとして制作され、取材も試写会も行なわれず、昨年12月21日にフランスでちらっとプレミア公開されたこの作品は、10年間あたためてきた構想を実現した純粋なラブストーリーらしい。
今回ベッソンのミューズに選ばれたのはGUCCIの専属モデルで身長180cmで自らも監督や脚本を手がけるという才女、Rie Rasmussen(リー・ラスムッセン)
彼女のサイトでショート・フィルムの一部やデッサン、写真などを観ることができるけど、こりゃまたすげー女でありまする。
かたや、相手の男性は片腕をなくしたフランスの人気コメディアンJamel Debbouze(ジャメル・ドゥブーズ)
このコンビがThierry Arbogast撮影の美しいパリのモノクロ映像と、Anja Garbarec(ヤン・ガルバレクの娘!)の音楽に包まれて繰り広げるロマンは、期待に胸が膨らんでたまりませんです。
フランスのサイトではアンニャ・ガルバレクのMusic PVも観れまっせ。

追記:いよいよ5月13日から公開。しかも5月8日にはリュック・ベッソンとリー・ラスムッセンが来日して丸ビルで記念セレモニー開催だと。
フランス公式サイト
日本公式サイト

原題
Angel-A

Propeller Island City Lodge

ベルリンにあるめちゃくちゃ変わったホテル。
というよりも、宿泊できる美術館というかギャラリーというか、すべての部屋がアーティストであるLars Stroschenによるオーダーメイドデザインで構成されている。
まずはサイトで部屋の写真を見てほしい。
当然のことながら、ひとつとして同じ部屋はなく、フロントという観念のものもない。
午前中にオープンしているオフィスにてチェックインして、ルームキーを預かるというシステムだが、あらかじめ到着時刻を連絡しておけば対応してくれるらしい。
宿泊料金もかなりリーズナブルで、FAXやメールでは日本語も対応してくれる。
(サイトも日本語版がある)

今年はワールドカップがあるので、観戦に行く人は是非ここを試してみるといいのでは?
そういえばドイツって売春が認められてるんだよな。関係ないけど(笑)。
写真はReception Hall。

住所
Albrecht Achilles Str. 58 10709 Berlin
電話番号
030-891 90 16

Cars

PixarDisneyの2006年公開最新作。
かなり以前からチラチラとTeaserのいろいろなバージョンが公開されていたが、やっと公式のTrailerも発表され、公開日(アメリカでは6月9日、日本は7月)も決まったようだ。

今度は摩訶不思議なクルマの世界を舞台にしたファンタジー・アドベンチャーをジョン・ラセター監督が送り出す。
3DCGにおけるお得意ものの車がメインキャラクターだけど、さすがにPixarはそれだけでは済まさないテイストを盛り込んでいる。漫画的なデフォルメをしているが、リアルな質感と動きに自然な感情移入をしてしまうのは、すでにPixar風味という世界を確立しているともいえる。

Appleのサイトでは1080のFull HDサイズによるTrailerもあって、これで見る画像クオリティは素晴らしい!
日本のサイトはまだちょっと悲しい状態だが、QuickTimeの予告編がなくていいのか?>Jobsさん(笑)
オフィシャルサイトはShowroomもまだ工事中状態だが、なかなか楽しいつくり。
(しかしここにもJapanの選択肢がないぞ)

団体名
PIXAR
原題
Cars
人名
John Lasseter

Pirelli Film “The Call”

あのイタリアのタイヤメーカー「Pirelli」(ピレリ)がハリウッド映画界に進出!
という触れ込みで、ショートフィルムを3月23日からネット配信開始する。

第1作目は「The Call」と題されたエクソシストのような神と悪魔の戦いをテーマにしたオカルトスリラー。
ジョン・マルコヴィッチナオミ・キャンベルが主演、監督はアントン・フークァ。

今後はBMW Filmのようにシリーズ化するものと見られる。

3月24日追記:公開されました! なるほど、Pirelli presentsです!

メーカー
Pirelli