Automoblox

アメリカ・カーネギーメロン大学で工業デザインを勉強していたパトリック・カレロが、木製玩具として新しいコンセプトを考えだしたのが1992年。
その後、工業デザインの分野で様々な経験を積んだ末に2004年7月にAutomobloxとして製品化された。

この素敵なデザインのおもちゃは、車が大好きな子供にとって最高のおもちゃかもしれない。なんたって、ブナ材でできたボディが美しいし、パーツ毎に分解できて他のシリーズと交換してオリジナルデザインに組み立てることも可能。
つまり、部品を組み合わせて試行錯誤を繰り返しながら形状認識や造形アイデアやデザインを自然に身に付けるという具合である。

金槌で叩いても割れないポリカーボネート素材の採用や、小さい部品の人形には「BITREXコーティング」を施して口の中に入れても吐き出すようになっていたり(日本仕様のみ)、1台づつシリアルナンバーが付いていたりするこだわりのおもちゃである。

将来カロッツェリアを目指す子供には必須の玩具といえよう。(笑)

日本では株式会社ブリックスが正規販売代理店となっていて現時点で6種類のモデルを扱っているが、タカラが販売元になっているので専門店や百貨店やAmazonでも買える。

価格
5,040円(税込)
ASIN
B0009N4O9Q商品を見る
メーカー
Automoblox Company
住所
54 Harrison Avenue Roseland, NJ USA

Automoblox」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です