dyson root 6

あのサイクロンテクノロジーによる強力な吸引力と、美術館に展示されるほどの洗練されたデザインで有名になったダイソンが放つ新製品!
5,127台のプロトタイプ試作の末に開発したルートサイクロン・テクノロジー搭載の小型掃除機が、この「root 6」である。

というようなすごいコピーがそのまま似合うのは本家英国サイトのオープニング合体アニメ(笑)である。
てゆーか、さすがにすごいデザイン! アップで見ると宇宙船なのか武器なのかロボットなのかわからないくらいである(爆)。
しかし、吸引力は通常のハンディークリーナーよりも強く、充電時間も短い。
コンビネーションノズルはキーボードなどの埃を吸引する時に効率的だったりする。

dysonはDC05を使用していたのだが最近は畳生活のため座敷箒の利用の方が多く、Electrolux ZB287Xハンディークリーナーの活躍の方が増えていたんだけど、お手頃なだけにイマイチの吸引力で少し不満足感があったんだよねえ。したがってかなり気になる存在ではある。

日本のroot6サイトはまだ未実装のページが多いが、本家英国サイトのFeaturesにある動画を見るとよく性能がわかる。

dyson root 6」への20件のフィードバック

  1. ぬほりん のコメント:

    本家イギリスで99.99ポンドだから約22,450円、アメリカでは149.99ドルだから約17,720円、それがなぜか日本の定価は47,040円。ヨドバシ特価の32,800円でもやや高目ですにゃあ。(・∀・;)

  2. NYANKO のコメント:

    気づいたときにちょこちょこっと手軽にお掃除できそうでいいなぁ。音がそこそこだったらほしいけど‥‥‥やっぱりよそのに比べてうるさいんでしょうねえ; 最初から片手で扱おうとすると「片手持ちなんざ10年早い」とか言われるんでしょうか(わはは)。

  3. ぬほりん のコメント:

    こりゃ実際に触ってみないといけませんね。つか、葉山にはこんなもの置いてある店がないので上京のついでに(笑)。

  4. BRAVO30000KW! のコメント:

    実際に触ると脳内に勇壮なBGMが流れると思います。小さい息子さんをお持ちの親御さんは、息子さんに掃除を手伝わせるいいきっかけになるかも(笑)

  5. 芹沢文書 のコメント:

    そうですね、Dysonは元々メカニカルな外見と男の子に受けるギミックで普段なら家事に興味を示さない男性諸氏に受けてましたから、そういう方向で役立ちそうな気はします。

  6. NYANKO のコメント:

    吸い込んでみました。髪の毛や綿ぼこりはキレイに吸い取ります。砂ぼこりのような細かいホコリはノズルのブラシで掃き取るようにすればほとんど吸い取ってくれます。重心がかなりハンドル寄りなことと、手首を下に傾けた時には底面の一番後ろの部分がで手首に当たって支えられることから、手首への負担はあまり気にしなくてよいと思います。ただ、手の小さな方ではハンドルを完全に握りこめないかもしれません。また、軽いとは言えそれなりの重さがあるので、女性はハンドルの下にもう片方の手をそえた方が良いと思います。

  7. ぬほりん のコメント:

    おおー、ほぼ予想通りの感じですねえ(笑)。音はしょうがないと思ってるし、バッテリーの持続時間についてもハンディーだったらそんなものと思ってますしね。バカデカイ屋敷を掃除するわけぢゃないし(爆)。つか、どっかに書いてあったような気がするけどね。

  8. 島崎丈太 のコメント:

    電池の持ちが短い点も、燃料電池か何かでタンクにアルコールを注いで直ぐに電気が起こせるようになったら随分楽になるのでしょうね。 今度、私も会社の備品として購入してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です