LaCie Huby

斬新な生け花を模したケーブル立て。ではない(笑)。
あのora-ItoがデザインしたLaCieのUSB & FireWire Hubである。
USB2.0が4系統、FireWire400が2系統、ピン数やオスメスの形状違いも加え、さらにUSBライトとファンまでがフレキシブルアームに花咲き、まるで草月流前衛生け花のような(笑)スタイルとなっている。
システム的にはMacからWindowsまでほとんどに対応。
現在では海外のLaCieサイトでは予約受付中だが、(アメリカのサイトでは$79.99これは日本でも是非とも扱ってほしいものですねえ。

xRez

言葉で説明するのは大変難しいが、超巨大なスケール映像を写真データにするプロジェクトである。
超高解像度のデジタル写真は様々な利用のためにプロジェクト化しているのだが、このGreg DowningとEric HansonとRon Shirleyのチームによる”xRez”はイメージベースの3D技術を用いたプロジェクトでかなり現実的になっていると思われる。
実際に撮影された画像がギャラリーページでいくつか公開されているので見てみればわかると思うが、どえりゃあ!解像度なので頭が変になるくらいである(笑)。
その大きさのあまり、当然のことながら1枚数ギガの画像をダウンロードすることは大変なので、ギャラリーではGoogleMapsと同じようなインターフェースでグイグイとアップできたりパンしたりできる。
サービスのページでは撮影の仕方についても紹介してあるし、様々な使い方の例なども動画を含めて公開してあるのでわかりやすい。

果たしてシエラ山脈のOwens Valleyの広大な景色から、白いSUVを見つけ出せますか?(・∀・;)

Shufflesome

iPod Shuffleのためのテフロン加工されたコーティング用デカールを扱うネットショップ。
ドイツのAlexander Schneiderが始めたらしいが、世界中のデザイナーが参加していて、さらに自分のオリジナルデザインもカスタムメイドできる。
新しくでたiPod ShuffleのClipタイプにもいち早く対応して、いくつかのデザインデカールが登場しているが、画像のMassimiliano Panzironi がデザインしたPassioneというモデルが気に入ってしまった。これを和服の女性が帯に挟んでるのはなかなかの粋筋ではございませんか(笑)。だってクリップの裏側がまるで裏勝りの羽裏のような・・・d( ̄◇ ̄)

前モデルのShuffleだったら、絶対にMarco Siebertsデザインの“DO NOT DISTURB”モデルですな。これまたオシャレ。

ちなみにこの”SOME LOVE”モデルは、心がなくなっちゃって友だちモードになっちゃってますが・・・(・∀・;)