ZINK Zero Ink

Zink Imagingが開発したまったく新しい印刷技術は、Zinkペーパーという専用の印刷用紙を利用することでインクを使わずにプリントができてしまう。

Zinkペーパーは白い紙のように見えるが、赤・青・黄のイメージング・クリスタル層がポリマー製オーバーコートとベースに挟まれている。これを印刷ヘッドで加熱するとクリスタル層の結晶がくずれて色が変わりカラー印刷される。

このZinkペーパーはリサイクルも可能で、インクも必要としないため、ポータブルサイズのプリンターやデバイスに活用されると思われる。
実際にプロトタイプのプロダクツとして、プリンタ付きデジカメやBluetooth対応のポータブルプリンタなどが発表されている。

追記:2008年11月ようやくこの技術が使用されたプリンタ付きデジカメが発売される。タカラトミーから出るxiaoがそれ。

ZINK Zero Ink” への2件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。