Prickie

ボタンバッジ(缶バッジともいう)を専門に扱うネットショップ。

日本ではあまり流行らないのかもしれないが、アメリカなどでは結構多く見かけるのがこういったボタンバッジ。ちょっとしたオマケアイテムとしてもよく利用される。
ここはすごい数のバッジが揃っていて、おもしろいデザインのものも多い。
というのもこのPrickie.comはちょっと変わっていて、デザイナーも登録して販売できるサイトになっているあたりが特徴的だからだ。
つまり、デザイナーやアーティストがメールで登録応募して、自分のデザインしたバッジを好きな価格設定($2.99以上)で販売できちゃうのだ。
そんでもって、売上げの25%がデザイナーの収入となる。
ネットショップとしてはなかなか新しい試みではないだろうか。

Prickie” への2件のフィードバック

  1. 雲衣。 のコメント:

    けっこう持っていました。ひと昔前は「カウンターイデオロギー・ボタン」なんて言葉もありました。ベトナム戦争中のアメリカでは右翼も過激なヤツを作っていたけど「主の為にアカを殺せ!」とか/笑。

  2. ぬほりん のコメント:

    そうそう、つながりを探していてわかったんだけど、結構マニアがいるんだね(笑)。昔はオイラもそれなりに持ってました。でも装着するよりはクッキーの缶の中で寝かされていることの方が多かったりして。(・∀・;)

現在コメントは受け付けていません。