流行ってるらしいから

精神年齢チェックをやってみた。
—————————————-
精神的未熟度  18%
精神的自立度  37%
精神的熟考度  100%
精神的悟り度  84%
あなたの精神年齢は【82歳】ぐらいで【まだらボケの老人】レベルです。
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり……。
熟した果実があとは落ちるのを待つばかりであるように、あなたの精神年齢も佳境を過ぎて、桃源郷に向かおうとしているようです。
もしあなたが70歳以下であるならば、あなたの精神年齢は熟しすぎて老成しているといえるでしょう。
これ以上、おのれの精神年齢を引き上げるには、昇仙して仙人になるしかありません。
危険ですので、一般人は避けたほうが良いでしょう。
あなたが学ぶべきことは、もうこの世にはないようです。
あとは黙って、自分のささやかな楽しみを追求しながら余生を過ごしましょう。
今のあなたに必要なもの
ボケ防止に小学生用の計算ドリルをやってみるといいかも知れません
—————————————-
さて、どっこいしょっと。

A Lonely Sky

アイルランドはダブリンの映像監督Nick Ryanが制作した「A Lonely Sky」は2006年のCoke film Festivalで発表されたが、その全編分のQuickTime movieが公式サイトに公開された。
YouTubeバージョンやFlash Streamingバージョンもあるが、是非94MBの.264バージョンを見て欲しい。
10分の短編映画だが、そのクオリティはすべてが素晴らしい。

1947年の砂漠のバーに集うテストパイロット達の哀愁漂うストーリーは、男のロマンをイヤというほど醸し出している。

セットで建てられたバーのシーンは美しいライティングで撮られ、B-29やP-80やX1など航空ファンにとっても堪らないグッズは、Softimage XSIを使ってフル3DCGで監督自ら作り出し、地形のテラインマッピングにも凝りまくってAfterEffectsでこれまた監督自らコンポジットして完成させた映像は1920×1080のフルHDムービーとなった。(Movieは720×307のSDバージョン)

この映画はNick Ryanの自主映画として製作されているため非常に低予算なのだが、それだけに大変手の込んだ作り方が徹底している。
ちなみに「2001年宇宙の旅」のKeir Dullea(ボーマン船長)が渋い役で登場している。

Videos with Bibi


アンダーグラウンドなアート好きにはそこそこ有名なサンパウロに住むBibiはBibi’s boxなるBlogや、Cinematógrafoなるポルトガル語のBlogや、The Dodo Blogなるdodo(ドードー:インド洋に生息していて18世紀に絶滅した大型鳥)のBlogなど数多くのBlogサイトを運営しながらGoogle Videoなどにせっせと映像を投稿していたのだが、それらの映像をまとめて観る事ができるスペシャルBlogサイトにしたのがVideos with Bibiである。
ここは大きな声ではいえないが”凄い”。
古い映画やアニメやCMやショートフィルムや、なんやらかんやら、彼女がせっせとパブリックドメインとしてアップしたコレクションはかなり見応えのあるものばかりで、しかもノーカット全編ものばかり。
マニアには垂涎の作品が並んでいるので、なくならないようにこっそり楽しみましょう。ヾ(´ρ`)〃

Munny

アメリカの玩具メーカーKidrobot社から販売されているカスタマイズできるドール・トイ。

基本的に単色で目も口も何もないスッピン状態のビニール人形で、”Do it your self!”をコピーにしているように、自分で好きな風にペイントしたりして仕上げる。
これがなかなかどうして子供向けのオモチャというよりはアーティストたちに流行し、あちこちでとんでもない作品ができあがり、イベントやキャンペーンが企画されたりチャリティー・オークションに出品されたりして秘かなマニア・アイテムにもなっているらしい。
例えば「GEARS OF WAR」というゲームのキャラを作ったアーティストなどは凄い反応も引き出している(笑)。
サイトのGalleryをちらっと見ただけでも創作意欲が湧く(萎える?)作品が並んでいる。

白、黒、黄、ピンク、蛍光など、シリーズによって色違いがあり、それぞれに3つ~4つの謎のアイテムが付属する。

新たに素晴らしい出来のCMが登場しているのでチェケラー!

The Floating Cabana

浮いてるカバ? バカナ・・・

ではなくて、カバナ。元々はスペイン語で「更衣所」という意味らしいが、リゾートではプライベートな小屋という空間を意味している。

でもって、これから夏を迎える葉山の民としては、万全の備えとしてむちゃくちゃ欲しくなってしまったのが、この水上カバナ

PVCで作られた本体は6人まで収容可能で、ナイロンの天蓋付き。さらに脇にはジッパー付きのクーラーボックスとカップホルダーの役を果たすユニットが付属。ブラットホームも付いて乗り降り簡単。

アメリカの有名なガジェットグッズを扱う老舗Hammacher Schlemmerが発売していて、日本のショップドットコムでも扱っているが、約300ドルに送料が100ドルとして5万円くらいかあ。うーん・・・。

価格
$299.95
発売元
Hammacher Schlemmer