相撲健康体操

昨日、大相撲九月場所十三日目のNHK中継を観ていたら、中入り後のちょっとした隙にカメラがとある桟敷席を映し出した。そこにはあのビリーズブートキャンプでおなじみのビリー・ブランクスが座っていた。Wikipediaの項によると、ビリーは大相撲好きらしいので観戦していても不思議はない。
ただ、その時にブートキャンプの話に対しての吉田アナウンサーの一言にオイラの耳がピンと立ってしまった。

「そういえば、大相撲でも健康体操というのがDVDでありますよね」

な、なぬっ!! それはなに!? 
というわけでサクッと調べたら、ありました「相撲健康体操」
これぞ日本の伝統の中で育まれた相撲の基本動作を取り入れたもので、親しみやすく誰でも行なうことができ、臍下丹田に重心を導き、身体の軸を強く安定させ、大地をしっかり踏みしめ踏ん張り、集中力とバランス能力を高める健康体操であります! ビリーの日本での異常な人気にやや嫌気がさしていた天の邪鬼なヒネクレ者としては、やはりコレでしょう! 和の文化と相撲好きにとっても堪りません。「イラスト図解」(PDF)を見ると主な内容がわかりますが、裸足で地面を踏みしめて行なうのが理想とあります。これはもう葉山の浜がぴったりです。あ、森山神社の境内でもいいかも!

と、大変に気に入ってしまったので、これはすかさずポチッとした次第です。
ただし、ビリーと違ってダイエット効果とかにはまったく触れられていないので、相撲取りの体型に近づいていくような気もするが、そのあたりはどうなんだろう?

メーカー
(財)日本相撲協会
価格
2,625円(税込)

相撲健康体操」への7件のフィードバック

  1. えりりん のコメント:

    いいッスねぇ!みんなで四股踏みましょう。心と身体を一体と考えて鍛えるところとか、礼を重んじるところとか、やっぱ日本人はこっちでしょう。うまへたイラストの元気君にもヤラレマシタ。

  2. たかはし のコメント:

    わはは、私これテレビでみたことがあります。四股は骨盤底筋膜を伸ばし内臓の下降を防ぎます。下半身の安定は、重要ですな(^-^)v。

  3. hazeo のコメント:

    日本人には日本人らしい体操が一番。昔『自彊術』って江戸時代の健康体操をしたことがありますが、結構長続きしました。足腰の強い元気な身体になる様にみんなで四股をふみましょー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です