Reverie

早くも出ました!
まだ発表されただけで発売は11月下旬のCanon EOS 5D Mark IIによるサンプル映像が!
しかもちゃんとしたプロダクションスタッフによる1080pのフルHD動画のショートムービーが!!
制作したのはLaforet Visuals Inc.のVincent Laforetで、タイトルは「REVERIE」。
完パケクリップはこちらでどうぞ。

一眼レフデジタルカメラでフルHDの動画収録機能を搭載したスペックを「ケッ!中途半端なことしやぁがって」などと思っていたのだが、少し考えが変わりました(笑)。ビデオカメラ用レンズとは違うスチール用のレンズ群を使うことによるトーンとボケは馬鹿にはできない。
なんたって、買うには数千万円が必要となるZeissのDigiPrimeレンズを使わないと難しかったような映像が、かなりお手軽にできてしまうのである。うまくすれば手持ちのZeissレンズ(ヤシカマウント)だってアダプター経由で使えちゃうのだ!のだ!のだめぐみ!ぎゃぼー!

これはかなり考えちゃいますよ。今後の業界はまだまだ変幻していきますね。

ちなみにVincentさんのBlogではMakingやら撮影オリジナルクリップやらRAWデータやら盛りだくさん。

2008年10月25日追記:新たにヨーロッパからPAL版の5D MkII動画サンプルが登場。今度はAlan Doyle(カメラ)とAngus Giogi(編集)による5分48秒のテスト映像だ。DOFマニア必見!!
2008年10月26日追記:さらにドイツからも新たなサンプル動画登場。BMX バイクを使った魚眼撮影がたんまり

2008年11月8日追記:さらにサンプル映像が登場。今度は東京が舞台。Tokyo Reality

Reverie」への7件のフィードバック

  1. sooou のコメント:

    この画像がマーク2で撮られたなんて!!
    素晴らしいの一言ですね^^
    そうかぁ・・こういう作品も出来ると言うのはいろいろ可能性があるって事か・・
    ワタシには写真でさえも手に余るので・・・
    しかし、機能があるのは良い事ですね^^

  2. 糞袋 のコメント:

    (ダウンロードの遅さをちっとガマンして動画を観てからの感想ですが、)ふむ、おもしろい!・・・やあ、いかにも”エーガ”っぽい手法を繋いで切り貼りした内容(もちろんワザとでしょうが)にはニヤニヤを通り越した笑顔を禁じ得ませんが(笑)まあね、客は”コレ買やぁオレにも新しい表現が手に入るに違ェねぇ!”と信じて次から次へと最新型のカメラを買い続けるのでーす。「コレはソレができる道具」と「コレはオレが使える道具」とは何の関連も無いのにね。でもそういう思い込みで民需技術は進歩してきたのかもしれません。

  3. 糞袋 のコメント:

    うははは・・・。なにこの大「点光源ボケ」大会&「他人の視点でピント合わせ」大会は!(←それ以外に、いいたいことがさっぱりわからねぇ映像だ)ぬほりんさん、お知らせありがとうございます!(あ、でも持ってるデジイチ用にF1.4のレンズが欲しくなってきた・・・w)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です