RED Digial Still and Motion Camera System

で、出た〜っ!!

以前から出る出る出島モードだったRED digital cinemaのScarletとEpicのシステムが公表された。
こりゃ信じられないくらいバケモノ的存在となるので、ひょっとすると業界の常識を覆すかもしれない。

このシステムは“brain”と呼ばれるカメラ本体とその他のパーツを組み合わせることで、現在2,251,799,813,685,248通り(2251兆ね)の構成ができる。
“brain”は2/3インチのMysterium-Xから始まり、6x17cmのMysterium Monstroまで8種類で以下の通り。

【SCARLET】
3K • 1-120 fps • 2/3 Misterium-X • Fixed 8X RED lens, Price TBD
3K • 1-120 fps • 2/3 Misterium-X • Mini-RED Mount, B4 Mount, C-Mount, $2,500
5K • 1-30 fps • S35 Misterium-X • RED-Mount, PL Mount, Canon Mount, Nikon Mount, $7,000
6K • 1-30 fps • FF35 Misterium Monstro • RED-Mount, PL Mount, Canon Mount, Nikon Mount, $12,000
【EPIC】
5K • 1-100 fps • S35 Misterium-X • RED Mount, PL Mount, Canon Mount, Nikon Mount, $28,000
6K • 1-100 fps • FF35 Misterium Monstro • RED-Mount, Canon Mount, Nikon Mount, $35,000
9K • 1-50 fps • 645 Misterium Monstro • RED-Mount, Medium Format Mount, Mamiya Mount, $45,000
28K • 1-25 fps • 617 Misterium Monstro • RED 617、Mount, Linhof Mount, Alpha Mount, $55,000

6x17cm(28K)の動画カメラってIMAXを越えまっせ!
しかもCanonやNikonマウントの35シリーズが4台。Mamiyaの645マウントもある。(さらに3Dカメラまで予定されている)

これらすべてにおいて静止画と動画を記録できるシステムとなる。

これはどういうことかというと、今後の映画は完全にデジタル化されるであろうということ。
フィルムは博物館行きですね。ビデオはTVフォーマットの関係で少しは延命。

2/3″でCマウントやB4マウントで現在のHDカメラに変わる“brain”の3K Scarlet(1-120 fps)なら$2,500(約24万円)、EOS 5D MkIIなんかと同等のフル35mmに値する6KのFF35でもScarlet(1-30 fps)なら$12,000(約115万円)Epic(1-100 fps)で$35,000(約340万円)からスタートできる。
SonyやPanasonicなんかはこれを見てどう思うのだろう? ていうか、どうするんだろう?(ヒトゴトながら)

何はさておき、システム構成の全貌を見てくだせい。

メーカー
RED Digital Cinema

RED Digial Still and Motion Camera System」への4件のフィードバック

  1. えりりん のコメント:

    19日からのInterBEEに出るのかな?組み合わせ次第でどんな風にもなるわけね。確かにバケモノ的な存在かも。すごいにゃあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です