All work and no play makes Jack a dull boy

直訳すれば「仕事ばかりで遊ばないと、ジャックは愚か者になる」という言葉だが、英語の諺では「よく学び、よく遊べ」というようなもの。

で、この言葉が一躍有名になったのは、スティーヴン・キングの「シャイニング」の中で主人公のJack Trrance(ジャック・トランス)が執筆していたタイプライターの原稿からである。
スタンリー・キューブリック監督の映画では、ジャック・ニコルソンがひたすらタイプしていた原稿を妻のウェンディが見つけて1枚1枚めくると、ひたすら繰り返されるフレーズでタイポグラフィ・デザインのようなレイアウトとして登場する。

で、今回取り上げたのは、これが本になったからである!

著者は当然のごとく、Jack Trranceでタイトルもそのまま「All work and no play makes Jack a dull boy」。
中身も当然そのままで、約80ページにわたって繰り返しレイアウトされた「All work and no play makes Jack a dull boy」らしい。(未見だから)
こりゃあ、ファンとしては雪深いリゾートホテルに行く時は必携で必読の書であります。(怖くて読めないかもしれないが)

日本のAmazon洋書ではまだ扱っていないが、アメリカのAmazonにはIn Stockである。
副題に「The masterpiece of a well-known writer with no readers…」(読者のいない有名な作家の傑作…)とあるが、実際にはフィル・ビューラーというアーティストのアーティストブックらしいけどな。(・ω・)

人名
Jack Trrance
価格
$9.99
ISBN
8887381070商品を見る
URL
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/8887381070/kanshin-22/ref=nosim
発売元
Gengotti Editore

All work and no play makes Jack a dull boy」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です