notte sento

いやあ、日記に書いたCarouselの鳥肌映像にも仰天だったが、こっちの方がまったく別の琴線に触れた。

「notte sento」は「乗って銭湯」ではない。(笑)
イタリア語なので、英語に直訳すれば「night I feel」(私が感じる夜)ってなことか。

「cut」というプロダクションに所属する Daniele Napolitano がDirectionして撮影して編集したショートフィルムだが、なるほど!と膝を叩いて「してやられた感」に屈するしかないという感じ。(なんぢゃそりゃ)

ストーリーやシチュエーションはありきたりで単純かもしれないが、これを見応えのあるものにしているのは実写によるストップモーションで制作されているからだ。しかも使用カメラはCanon EOS 30D。(!)
EOS 5D MarkIIのHD動画で賑わう業界にあえて反発したのかどうかは知らないが、旧タイプのデジタル一眼レフで最高でも約5コマ/秒の連写で作っちゃうというところに感銘してしまったのである。しかもフル35サイズでもないAPS-Cサイズの800万画素CMOSでも充分なDepth Of Fieldを得ている画質は、やはりDSLRならではということか。

4,500枚の静止画で編集されたほろ苦い味のするショートフィルムは、ミラノ行きの列車を待つローマの夜を私に感じさせてくれた。

原題
notte sento

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です