Zacuto DSLR Gunstock Shooter

Zacutoがデジタル一眼レフカメラの動画収録用に開発したキットである。
Canon EOS 5D MarkIIが登場してから半年も経たずにアメリカで続々と登場してきているのが、こういった周辺機器ともいえるグリップ機材である。
こういったスペシャルパーツをどんどん作って発売するサードパーティがアメリカには大変多い。やはり日本ではマーケットが狭いせいか、なかなかスペシャル特機を製作して販売することがない。

Zacutoは以前もDSLR用のキットを扱っていたが、今回NAB 2009に合わせたようにバージョンアップして「Gunstock Shooter」という銘々で新たにシリーズを強化した。

いろいろな細かいパーツが使い勝手よく考えられて製作されていて唸らざるを得ない。
特に今回新たに登場したZ-Finderはおもしろい。
収録中のフォーカスなどを確認するためにはHDMIで入力できるikan V5600Marshall V-LCD70Pのような小型液晶モニターを用意するというスタイルが当初は基本になっていたが、このZ-Finderはカメラ本体の液晶スクリーンをオプチカル的に拡大してファインダー状にしてしまうという突拍子もない考えで成り立っている。どんな風に見えるのかは実物を見てみないと何ともいえないが、3倍のサイズに拡大したファインダーでそれなりにフォーカスを追うことができるのだろうか。

それにつけても、DSLR Sniper Kitが魅力的である。
これならかなり安定した手持ちスタイルでフォローフォーカスも使えるので、一般的な肩載せビデオカメラのように使えそうな気がするんだが。
ちょっとほちい・・・けど、約35万かあ・・・(´-ω-`)

ちなみにおねーちゃんは付属しない。

メーカー
Zacuto

Zacuto DSLR Gunstock Shooter」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です