Voice Magazine

スイスにオフィスがあるBeat Rebmannが編集発行、ニュージーランドのNigel Mooreがアートディレクションとデザインを担当するオンライン・メディアである。
インフォメーションはFacebookとMySpaceそれにTwitterで行い、物理的な距離に関係なく全世界向きに発行する前衛的ネットワークスタイルの雑誌なのである。

ネタとなるものはいろいろで、音楽、フィルム、写真、デザインなどなどアートカルチャーに関わるもの全般。
パイロット版となるPilot Issueから数えて現在はvol.7まで発行済みで、約100ページのボリューム全ページがオンラインで読める。
しかもBGMとなる音楽を流しながらも可能だし、動画が埋め込まれたページではムービーも視聴可。写真やデザインなどのクオリティは高く、センスは抜群。
これで無料!

いやあ、雑誌出版はこれからどこへ向かって行くんでしょうね?