AR.Drone

うひゃあ!こりゃまたなんちゅうものがっ!っと、驚くタメゴロウ的なガジェットが登場した。
フランスのParrotという会社が作り出したのは、「Quadricopter」(クアッドリコプター)つまり4つの羽を搭載したWiFiコントロールのラジコン・ヘリコプターである。
しかもコントローラはiPhone!

2台使えばマーカーを認識したARゲーム機能もあるが、これはとりあえずどうでもいい。(笑)
ピクピクしちゃったのは、何と前方視界と真俯瞰視界のムービーカメラを搭載していて、それらをiPhoneからもコントロール可能だということ。
Front Cameraは15fpsのVGA(640×480)サイズで、Vertical Cameraは60fpsのQCIF(176×144)サイズというものだが、空撮系のビデオ・ストリーミングをこんなガジェット・システムで可能にしちゃうというところがすげー!

今年中には発売されるということだが、価格帯によってはヒットする可能性もありですなあ。

まずはAR.Droneサイトでムービーとかを見てみてちょうだい。

メーカー
Parrot

AR.Drone」への8件のフィードバック

  1. BRAVO30000KW! のコメント:

    十数万円だったら結構購入する人出てきそうですよね。何よりラジコンヘリ撮影って価格帯もそうですけど、操作性のハードルも決して低いものではなかったですから、iPhoneで操作できちゃうよんって言われたら…

  2. 島崎丈太 のコメント:

    キーエンス社がRC円盤という名称で、やはり4個のプロペラ付のラジコンを出していたのを思い出しました。 こちらはもう生産終了になってしまっていますが、売り方の問題だったのか、やはりiPhoneで簡単にコントロールという卓越した発想の違いだったのか。 ヒットして広まったら現物を目にする機会が訪れるかな。

  3. ぬほりん のコメント:

    やはりiPhoneでのWiFiコントロールもあるでしょうけど、何と言っても飛んでるヘリからの目線で見る事ができるというカメラ機能があるんではないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です