MIT OCW

OpenCourseWare(略してOCW)とは2001年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開始したプロジェクトで、高等教育における教材情報を無償でインターネットに公開するという素晴らしい試みで、現在MITからは公開可能な約1,800の講義が公開されて利便性の高い教育資源とし全世界で活用されている。

発表当時はNew York Times紙が1面で報道したこともあり、全世界中の大学に衝撃が伝わり話題になった。要するにLinuxなどと同じ基本思想のオープンソースとして「知識」の財産をフリーウェア化するというものであるが、講義内容がビデオ記録されてストリーミングで配信されるわけではなく、まずは講義概要(シラバス)とノート、資料などがソースとなる。

このOCWに日本も「日本OCW連絡会」というものを立ち上げ、東京、京都、大阪、慶應、東京工業、早稲田の六大学が取り組んでいるが、元々はMITの理論言語学教授である宮川繁氏が中心となった企画でもあり、日本との連携は最初に行われ、さらに中国、フランスと続き、現在のOCW Consortiumでは20以上の国が参加している。

あくまでも「授業」そのものを公開しているわけではなく「教材となる講義資料」だけなのだが、知的所有権などの問題解決と共に今後の展開においては面白くなるプロジェクトではある。

あまりにも膨大な講義数がアップされているので、どこから見たらいいのか戸惑うが、まずはForeign Languages and Literaturesの講義の中の「Visualizing Cultures」にある有名なFelice BeatoのJapan: PlacesJapan: Peopleあたりから始めて、日本のことを再学習するのもおもしろいかも。

追記:2009年10月現在ではMITのほとんどすべてが公開されているそうだ。かなり早い展開で知識開放に向かっているのかも。

Get Out And Play

Nokiaの「N-Gage」というモバイルゲームサービスのための総称。

要するにNokiaの対応機種でゲームをトライできて、気に入ったゲームがあったら携帯端末やPCにダウンロード購入して楽しむことができるというものだが、残念ながら現在では日本でサービスに対応した機種は扱われていない。(・ω・)

では、何がおもしろいかと言えば、この「Get Out And Play」というプロモーションサイトの内容である。

1,000人以上の登場人物を含めて、CGを使ったエフェクトは一切ナシで制作された映像は、古典的なストップアンドゴーのコマ撮り。
「Snake」と呼ばれる行列から始まり、驚異の人間コマ撮り版「アルカノイド」(ブロック崩し)ゲームまでが楽しめる。(60秒のTVCMもある)

制作はHobby FilmでAgencyはFarfar

まずは一見の価値ありですよ。d( ̄◇ ̄)

メーカー
NOKIA

History of Showa

副題は「食卓に映し出された“昭和”と日本の生活文化」。

これは素晴らしいプロジェクト!
「三木のり平さんがTVCMに残した日本文化OnLine展示国際ワークショップ実行委員会」(長い)が文化庁から委嘱を受けて開催しているOn-Line展示が主体となったプロジェクトだが、川崎市市民ミュージアムの協力による慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ総合研究機構の力作。

川崎市市民ミュージアム(株)桃屋の1953年のTVCM放送開始から1993年に至る全218点のCMコレクションを所蔵しているそうで、慶大はこれらをデジタル化し、メタデータを抽出して同大で運営しているVOLUMEONEサイトで124点の「のり平アニメ」を閲覧できるように公開している。
今回はその中から50点を厳選して、戦後の日本の食文化を広く世界中に知ってもらうためにOn-Lineでネット展示している。

WEBデザイン的にはFlashをベースにしてパリのポンピドゥーセンターのIRI研究所による「タイム・ライン=Ligne de Temps」というナビゲーション・システムを取り入れたインターフェースが快適で、(財)東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイトとの協力による4カ国語対応(日・英・仏・葡)のワークシート提供が世界の人に日本の文化や歴史を伝える手助けをしている。

何にせよ、50年におよぶ桃屋のTVCMの歴史はそのまま“昭和”の文化の歴史であり、当時を生きてきたオイラたちにとっては人生を振り返るような郷愁に満ちているのが嬉しい。
こういったTVCMのような様々な権利関係が派生する企業広告も歴史資料としての価値を見直して、もっと公共財産としてのコンテンツ利用を考えてもいいのではないだろうか。

次は「丸美屋」と「永谷園」だな(笑)。

団体名
三木のり平さんがTVCMに残した日本文化OnLine展示国際ワークショップ実行委員会

IKEA Dream Kitchen

IKEAが2年前くらいから展開している「DREAM KITCHENS FOR EVERYONE」というシリーズのWEB広告最新版が登場した。

このシリーズの特長となっている「タイムスライス」によるとんでもない瞬間の回り込み的画面展開というテーマはそのままで、今回はカメラが前方向にどんどん突き抜けていくという展開になっている。
それぞれのシーンにおけるシチュエーション設定と撮影の手間、盛り込む商品説明のうまさ、相当量の静止画と場面転換における音楽の切り換えやトランジションなどが盛り込まれているのに重さを感じさせないFLASHの作り込み、さらにすべてのデザインにおいてとても高次元の完成度に舌を巻くしかない。

制作はSwedenのForsman & Bodenforsで、以前のシリーズもサイトで観ることができる

残念ながら日本語版の展開はない。

メーカー
IKEA

astronaut

「宇宙飛行士」である。
で、今回キーワードとして紹介したいのは、Dan Frickというアーティストの“astronaut”という曲のPV。というか、Flickr-generated projectといわれるもの。
これは普通のミュージックビデオの手法で制作されたものでなく、まったく新しいインタラクティブな手法を利用したミュージックビデオとなっている。

というのも、ネットでFlashを使ってのみ再生できるというもので、起動するとFlickr APIを利用して曲の歌詞を53語のキーワードとして検索し、引っ掛かった画像が歌詞に合わせて表示されるというもの。仕組みを作ったのはFelix Jungというクリエーターで、こうなるといわゆるDirectorとかいうものとは違うわな(笑)。
当然、起動させる毎に違う画像が検索されたりして、毎回違うバージョンが楽しめる。

しかし、Flickrの投稿画像もデジタルカメラの進歩のおかげか、なかなかしゃれたものやおもしろいものが多いので、これで成り立ってしまうところも凄い(笑)。

おまけ:こっちのFogonazosではホンモノの宇宙飛行士が宇宙遊泳してる画像がぞろぞろと。

Visuals of the World

世界一長い画像を目指すサイト。
イラストレーター、デザイナー、フォトグラファー等々、はたまたそれに関係なく世界中の誰でも投稿できるショーケースである。

投稿できる画像のサイズは決まっていて、幅300ピクセル、高さ700ピクセルで72dpi、容量75K以内のJPEGかGIFF。
投稿する画像にはURLも埋め込める。
サイトでその超長い画像をスクロールして見ることができるが、ほんとに長いので要注意(爆)。
でもって、投稿した画像は一番下にくるので、これも注意。

なんだか意味もないことのようにも思うが、世界中でこのオバカなダイビング(トップ画像が飛び込みをする子供なので)に付き合っている人がどんどん増えているようだ(笑)。現在ギネスレコードに挑戦中である。

ちなみに今日現在の長さは12394.38cmである!

追記:2008年1月8日現在は30467.46cm。

Tokyocube

Tokyocubeとは、2005年にLondonで設立された日本文化とライフスタイルを広めるオンライン・サービスを主体とするプロジェクトで、しゃれたデザインのTokyocube Magazineサイトをベースに日本の様々な文化的ネタを発信している。
ネタとしては、レジャー、ファッション、食べ物、テクノロジー、言葉など、多彩で豊富な内容となっている。

首謀者はTom Viningという26才のデザイナーだが、パートナーのNaoko Murataが日本人なので、いいかげんで怪しげなアジアンテイストではなく、しっかりした日本文化を伝えているし、日本人が見てもなんだか新しい発見があっておもしろい。

Shoppingサイトではかわいらしいキャラクター系のおもちゃを扱っていて、中でもwahooyaと称するコケシ屋が妙にかわいい。

ちなみにTokyo Plasticとは似て非なるものである(笑)。

White Band Campaigns

2015年に向けた国連のミレニアムキャンペーンに呼応したグローバルな貧困根絶運動が拡がっている。
飢餓、病気、暴力などで3秒に1人が死に続けている世界で、無関心ではいられない人々をつなげようという運動で、我々ができる何らかのアクションをもってできることから応援しようというキャンペーンである。
世界各地でそれぞれのキャンペーンが立ち上がっていて、有名人のキャンペーンビデオもたくさん流れてます。

こういった運動はやはりちょっとほっとけないかなと。
以下は代表的なリンクサイト。

国連
GCAP
イギリス
アメリカ
カナダ
フランス
ドイツ
スペイン
日本

日本版のWhite Band「***」のオンライン購入はぴあで。

イギリス版「MAKE POVERTY HISTORY」のオンライン購入はOxfamで。

アメリカ版「ONE」のオンライン購入はOneで。

Imagination at Work!

某所で知ったんだけど、GE(General Electric)が公開しているホワイトボードとマーカー(笑)。
すらすらと描けてリプレイもできてメールで送ることもできる。
メモ替わりにして誰かに送るとおもしろい。
色や太さなども選べるが、タブレットがないとうまく描くのは難しいかも。
それでもおもしろい(笑)。

団体名
General Electric

Weebl and Bob

splash!で知ったWeebl’s Stuff制作のFlashアニメ。
タマゴなのか、何なのかわからないキャラクターがひたすらアホな会話を繰り返す。
そのノリは相当ヘンテコな感覚で、ヤバいクスリで脳みそが溶けたような声で展開される間合いは、こっちも変になること請け合いです(笑)。

でへへへ。

buy.com

アメリカでAmazon.comに対抗しているショッピング・サイト。
そのBuy.comがなんと!Amazon.comの価格よりもすべてのモノを10パーセント値引きすることを決定したそうな。
これはえらいことですよ。つーか、buy.co.jpはできないのでしょうか?(笑)

世界の窓

世界各地(現在76カ国)のライブカメラから配信される画像を見ることができるサイト。たまに地球の裏側の街角を覗きたくなる時に便利(笑)。ドコデモドアの初期αバージョンともいえる。

地域
全地球