ソコトラ島

地球上にあるキン・ザ・ザである。(違

アラビア半島から南に約350km、ソマリアから東に約250kmのインド洋に浮かぶイエメンの領土である孤島。
1999年に空港ができるまでは外国人の入島は禁じられていた。2008年8月に世界遺産の自然遺産に登録されて俄然注目を浴びだした。

何と言ってもすごいのは、こちらのブログにある「地球上でもっとも地球に見えない島」というコピーが納得できる場所であることで、「インド洋のガラパゴス」と呼ばれるこの孤島には信じられない動植物が生息している。
また、文字を持たないソコトリ語を話す住民は山羊と牛を飼いながら自給自足で生活している。

まだまだこんなスゴイところが地球にはあるんだなあ、とシミジミ思った。

GoogleMapではこちら
詳しい旅日記がこちらに
ソコトラ・エコツーリズム・ソサエティではエコツアーも主催している。
イエメン国歌にのせてスライドショー

原題
Socotra Archipelago

Taktshang

“Taktshang”とは”Nest of Tiger”つまり「虎の巣」という意味である。
ここはかつてタイガーマスクが修業した場所・・・ではない。(それは虎の穴)

タクツァンはブータン王国のパロ近郊の山の中腹、標高3120mのところに建つ僧院である。
ブータンにチベット仏教を広めたといわれるグル・リンポチェ(パドマ・サンババ)が8世紀の初め頃に、虎の背に乗ってこの地に飛来してからの聖地といわれている。
以前は麓から険しい道を展望台まで3時間程かけて登山しなければ辿り着けなかったらしいが、1998年に火事で全焼した後、懸命な修復作業によって2004年に復旧してからは道も整備されて1時間半くらいで辿り着けるようになった。
展望台にはレストハウスがありカフェテリアとなっていて、以前はここまでが観光客の近づける限界だったが、現在は事前申請しておけば内部拝観の許可がとれるようだ。その場合はさらに1時間程山道を登らないといけないけど。

ちなみにブータンという国は入国するのに許可証が必要で、航空券、宿泊費、ガイド代、食費すべてを前払いで支払わないと許可証が発行されない。愛・地球博でブータンのパビリオンを見て以来、一度行ってみたいところなのである。

地域
Taktshang Lakhang

Propeller Island City Lodge

ベルリンにあるめちゃくちゃ変わったホテル。
というよりも、宿泊できる美術館というかギャラリーというか、すべての部屋がアーティストであるLars Stroschenによるオーダーメイドデザインで構成されている。
まずはサイトで部屋の写真を見てほしい。
当然のことながら、ひとつとして同じ部屋はなく、フロントという観念のものもない。
午前中にオープンしているオフィスにてチェックインして、ルームキーを預かるというシステムだが、あらかじめ到着時刻を連絡しておけば対応してくれるらしい。
宿泊料金もかなりリーズナブルで、FAXやメールでは日本語も対応してくれる。
(サイトも日本語版がある)

今年はワールドカップがあるので、観戦に行く人は是非ここを試してみるといいのでは?
そういえばドイツって売春が認められてるんだよな。関係ないけど(笑)。
写真はReception Hall。

住所
Albrecht Achilles Str. 58 10709 Berlin
電話番号
030-891 90 16

Fort Boyard

まさに男のロマンを思い出させる島。
フランスのシャラント地方、La Rochelleという港町の沖合にある要塞島である。

フランス映画の名作「冒険者たち」でレティシアのためにホテルに改装しようとした島である。

1802年にナポレオンが作らせたが、失脚して中断、その後1860年に完成したが一度も使われずに1920年までフランス軍が管理、一時刑務所に転用された後は放置されていた。
1958年にベルギー人がホテルにするために買い取ったが、そのまま放置、1988年にパリのテレビ製作会社が所有権を買い取り、宝探しゲーム番組の舞台となる。

ほんとにホテルにすれば、流行ると思うんだけどなあ。

地域
France

JEEP島

ミクロネシア連邦チューク州のトラック環礁に囲まれた、真っ白いビーチに13本のヤシの木がそびえる、宿泊できる無人島。
随筆家で海洋研究家の吉田宏司氏が島の持ち主の協力を得て、以前から気に入っていた無人島を人が滞在できるようにして開島した。
ダイビングをしてもよし、シュノーケリングもよし、ボーッとするもよし、満天の星を堪能するもよし、本当に手付かずの自然の海にどっぷりと浸かりたい人にだけ、こっそりと教えたい「知る人ぞ知る」島。

地域
Jeep Island
団体名
Club Jeep
電話番号
03-5800-1955

エロマンガ島

エロマンガを読むことだけが生活の糧というとてもスケベな南の島。

ではなくて、バヌアツ共和国の南部に位置する実在の島。人口約1,600人。面積は佐渡島に近い888.1平方km。とはいっても空港は2つある。

ではリゾートアイランドかというと、そうでもなく、一番有名な宿泊施設が家庭的なサービスで評判の草葺きの民宿らしい。バヌアツへの直行便もないので、シドニーあたりから2回ほど乗り継いで行くことになる。

何にせよ、この名称により日本では「チンコ川」や「ヤキマンコ」「チンポー湖」「シリフケ」「キンタマーニ」「スケベニンゲン」「レマン湖」「マンコカパック」「ボイン川」などと並んで、知る人ぞ知る地名となっている。

現在では「イロマンゴ島」と呼ぶようにしているらしい。つまんないの。
Wikipediaのイロマンゴ島

地域
Erromango Island, Vanuatu

ダージリン・ヒマラヤ鉄道

NHKのインド特集ハイビジョン番組で見た高原鉄道。
610mm軌間というトイトレインの軽便鉄道ながら、海抜119mのシリグルから2,044mのダージリンまで登る。
イギリス統治時代の避暑地へ向かう鉄道は、高原の涼しさの中をループやスイッチバックで切り抜けながら、なんと80年以上前に製造された蒸気機関車で登っていく。しかも道路とは並行しながら交差するわ、車で行けば3時間の距離を8時間かかるわ、町中を江ノ電のように自転車より遅く走るわ、でも世界遺産なのである。すっごく乗ってみたい鉄道であります。
リンクはTBSの「世界遺産・撮影レポート」。

地域
India

Amanresorts

言わずと知れた超高級リゾートホテルグループ。
現在は世界のあちこちに12ヶ所のリゾートがある。
バリ島のアマンダリやパマリカン島のアマンプロなどのビーチリゾートもいいけど、マラケシュのアマンジェナ(左画像)に滞在してみとぇ~っ!
しかし、こういった高級リゾートをほんとに楽しむには10日以上の長期滞在が理想だねえ。うーん、すげー金額だねえ。

カナリア諸島

イベリア半島から1,840km、アフリカ大陸沿岸から115kmに位置する大小13からなる大西洋に浮かぶ島々。
ほとんどモロッコなのにスペイン領である。
幸運の島とも呼ばれている楽園リゾート。まもなくテネリフェとグラン・カナリアのカーニバルが終わろうとしている。
行きとぇ~っ!

地域
Islas Canarias